独自開発インジケーターとシステムで着実に利益を出す、日経225先物のブログ

当ブログは、独自開発のインジケーターとシステムのポテンシャルを上げるために、その経過と結果を公開し、皆様からのご意見を頂戴するためのブログです

独自開発のインジケータと、自動判断システムを駆使して、着実に1日で着実に利益を取れるようにトレードしてます。過去の苦い経験から、システムを再構築し日々改善してます。参考になればと思い、再スタートしました。お役に立てるように書込みますので応援よろしくお願いします。https://goo.gl/l4oAQd>←ここをクリック頂いて、友達申請して頂ければ、よりリアルにダイレクトにお伝えできます。参加頂ければ、より豊富な情報提供します。

中国が米国債の購入を停止、売却すると…


中国が米国債の購入を減らす、もしくは停止すると示唆した事は、これから米中貿易摩擦や政治的な駆け引きに中国が米国債を使うと言う事を意味するもので、これは米中対立を更に先鋭化させる可能性があり大きなリスクとなりかねません。既にこの発言が出てから米国債売りが加速しています。


米国債の暴落が起こるとドルの信頼が下がり国の信用リスクが上がり、ドルが暴落する可能性もあります。日中が大量保有していますが、それらの国がバンバン売りに出さないから安定していましたが、世界1の保有国である中国の今回の発言は米国が激怒する理由になるでしょう。米国債の価値が下がれば同じく大量保有している日本は勿論、米国債を持っている各国に影響があるので金融不安を引き起こす可能性が高くなります。


橋本龍太郎首相時代にコロンビア大学での講演で実際に売るとは発言していませんが「大量の米国債を売却しようとする誘惑にかられたことは、幾度かあります。」と発言しただけで米国株は大幅下落、ニューヨークタイムズは大恐慌時の大統領フーバー大統領(Herbert C Hoover)に引っ掛けて「ハーバード・フーバー・ハシモト」と報じ、恐慌を引き起こしかけたと批判しています。


当の橋本首相も同じ講演の中で「アメリカ経済に計り知れない衝撃を与える事に」と発言している事から、実際に売る目的は無く、これを材料に為替レートを安定化させたいと言う目的で発言していました。しかし米国は激怒し首相を退陣に追いやったと言う話もあります。


近年ではウクライナ進攻に絡み米国がロシアに対し経済制裁かすとした時にロシアが10兆円分の米国債を売りました。今までの売却額記録の3倍程度であり、ロシア保有量の8割相当だったので、世界的にはかなり大きなニュースになりましたが、実際にその後にドルが揺らぐ事はありませんでした。


しかし今回は規模が違う中国であり、貿易面でもロシアとはレベルが違うので、ベ本当に行動に移せばかなり影響が出る可能性がある事と、米国がこの発言でどの様な態度に出るかは注視しておかなくてはいけません。


独自開発MT4インジケーター成績については以下ををご覧下さい。


リアルタイムでの配信は以下をクリックで、申請下さい、よろしくお願いします。
https://goo.gl/l4oAQd←もっとタイムリーにダイレクトに配信を見たい方は、メッセージを頂ければリアルに知ることができると思いますのでよろしくお願いします。


当ブログで少しでもいいな!!ってことがあったら応援クリックお願いします。いつも応援クリック有難うございます。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ ランキングに参加しております、応援クリック頂けると感謝です
にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログへ ランキングに参加しております、応援クリック頂けると感謝です
にほんブログ村

 ランキング参加しております、ここも押して頂けるとうれしいです、よろしくお願いします。