1日1%~10%の利益を確実に出す、日経225先物のブログ

デイ、ナイトセッションの空白を利用し、着実に1日1%から10%も利益‼️着実にトレードしてます。短時間で高いパフォーマンスを目指して‼️このトレード方法が残高増大の参考になればと思い、スタートしました。お役に立てるように書き込みますので応援よろしくお願いします。https://goo.gl/l4oAQd>←ここをクリック頂いて、友達申請して頂ければ、よりリアルにダイレクトにお伝えできます。参加頂ければ、より豊富な情報提供します。

日米首脳会談!両国の思惑交差


日米首脳会談が始まり、最初の段階では日本の要望する対北朝鮮問題の拉致問題や核、ミサイル問題でトランプ氏は全面的に支持を表明し、米朝首脳会談では米国側からの働きかけも約束されました。
次回の会談では貿易問題について触れることになり、米国側が出している関税問題、FTA(自由貿易協定)について強く米国側から圧力がかかってきそうです。
中国との経済会議が進んでいることから、米中に挟まれて対応に厳しさが増しそうです。


すでに米国は北朝鮮と直接対話を始めたことを会談の冒頭で述べ、米朝首脳会談へ滑りだしたかのように見えますが、会談の開催場所や時期を模索しながらも調整が進まなければ会談の中止も示唆されていて日本との約束が遂行されるか先行きは不透明さが残ります。
LINEでの無料配信は以下をクリックして追加して下さい。
https://goo.gl/l4oAQd←ブログでは書かない情報も配信しています。


ランキングに参加しております。当ブログで少しでもいいな!!ってことがあったら応援クリックお願いします。いつも応援クリック有難うございます。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ 
にほんブログ村 先物取引ブログへ 

 


中国先手!?


中国が自動車の関税引き下げを提唱し世界に向けていい顔を作り、米国の関税問題への判断んを難しくして交渉への道筋を作ったかのような一手でした。
更に中国は米国からの関税に決して屈したわけではなく米国が強硬手段に出れば徹底的に対抗する構えもみせてます。


米国はシリア問題で対ロシアとの緊張問題内部人事問題などで複雑な状況ではありますが、トランプ氏がどのような手を打ってくるか市場は警戒が解けません。


来週には日米首脳会談を控え国内でもしっかりとした交渉ができるか注目は高いですが、米国人事の問題で準備が進まずぶっつけ本番になればトランプ劇場の開演も考えらえれ日本にとって不利に働く可能性もあり、市場が過敏に反応することも考えらえれます。
LINEでの無料配信は以下をクリックして追加して下さい。
https://goo.gl/l4oAQd←ブログでは書かない情報も配信しています。


ランキングに参加しております。当ブログで少しでもいいな!!ってことがあったら応援クリックお願いします。いつも応援クリック有難うございます。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ 
にほんブログ村 先物取引ブログへ 

 


米 対シリア間もなく。


シリアの化学兵器使用疑惑で米国が軍事行動に出ようとしてます。
先ほどロシアにけん制された対シリアですが、実行に移ればロシアとの緊張も引き上げられ対ロシアと発展の可能性もありえます。


米朝首脳会談、日米首脳会談に影響がでそうです。


LINEでの無料配信は以下をクリックして追加して下さい。
https://goo.gl/l4oAQd←ブログでは書かない情報も配信しています。


ランキングに参加しております。当ブログで少しでもいいな!!ってことがあったら応援クリックお願いします。いつも応援クリック有難うございます。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ 
にほんブログ村 先物取引ブログへ 

 


市場は馴れた❔ 米中貿易摩擦 その3


米国側からの火消しからわずか1日でトランプ氏はさらなる対抗措置を匂わせてきています。
それに対して中国も相対で向かっていく姿勢を示しましたが、市場は馴れが生じて来ている動きも見せています。
このまま交渉へともつれ込みそうですが、いつ決裂してもおかしくないような状態だけは保ってますので注意が必用です。
ですがけん制だけで終わる可能性ももちろんあり現実に貿易戦争に発展してまうと双方どころか世界的な経済の悪化につながることから日本のかじ取りにおいても他人ごとではないのでは
LINEでの無料配信は以下をクリックして追加して下さい。
https://goo.gl/l4oAQd←ブログでは書かない情報も配信しています。


ランキングに参加しております。当ブログで少しでもいいな!!ってことがあったら応援クリックお願いします。いつも応援クリック有難うございます。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ 
にほんブログ村 先物取引ブログへ 

 


報復に対する報復 米中貿易摩擦 その2


昨日の中国の報復に対する報復で市場に大きな影響を与え、米国は火消しに追われての交渉優先の報道がなされました。


しかし中国のネット上で米国製品の購入ストップを掲げる文句が上位に上がるなど民意が熱を帯びてきてます。
2大経済大国の摩擦は世界への影響必至ですが、両国がお互いが歩み寄りを求めているため交渉は拮抗しそうです。
最終的な焦点は中国の持つ米国債ですが、そこに触れるようなことがあれば穏やかにはすみそうにありません。
米国高官が語った「武力戦争でも最後は交渉で終わる」という例えが例えで終わりますように。


LINEでの無料配信は以下をクリックして追加して下さい。
https://goo.gl/l4oAQd←ブログでは書かない情報も配信しています。


ランキングに参加しております。当ブログで少しでもいいな!!ってことがあったら応援クリックお願いします。いつも応援クリック有難うございます。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ 
にほんブログ村 先物取引ブログへ