独自開発インジケーターとシステムで着実に利益を出す、日経225先物のブログ

当ブログは、独自開発のインジケーターとシステムのポテンシャルを上げるために、その経過と結果を公開し、皆様からのご意見を頂戴するためのブログです

独自開発のインジケータと、自動判断システムを駆使して、着実に1日で着実に利益を取れるようにトレードしてます。過去の苦い経験から、システムを再構築し日々改善してます。参考になればと思い、再スタートしました。お役に立てるように書込みますので応援よろしくお願いします。https://goo.gl/l4oAQd>←ここをクリック頂いて、友達申請して頂ければ、よりリアルにダイレクトにお伝えできます。参加頂ければ、より豊富な情報提供します。

日本市場が休場中の日経225先物の動きと週明けの動きは?

週末の米国株は乱高下しましたが最終的には330ドル高で終えました。日本は株式会社日本証券クリアリング機構のデリバティブ清算刷新プロジェクト(次期清算システム)の本番稼働を13日に控えた準備としてナイトセッションは取引停止になっていましたが、海外市場は通常通り週末、本日の月曜日と動いているので、日経225先物の値も動いています。


上記の日経225先物30分足チャートで黄色の線を引いていますが、引いた所から右が日本市場が休場となった後の動きです。チャート画像作成時の時間は月曜21:45分頃です。先週末に米国株が一旦大幅に下げた動きに連動して、大きな目安となっていた2万1千円を割り込みましたが、その後の回復もあり、世界的にも株価は堅調に推移した事から買い戻されて現在は21400~21500円辺りで取引されています。主役不在の中、乱高下していますが現在は金曜日の日中の引けと同じ水準になっています。


米国のニュースを見るとFRBは現在の株安は静観し見守る様相です。日本でもよく言われますが「注視している」と言う感じでしょうか。金利上昇を嫌っての株安ですが、これと密接なのがインフレ率。米国では14日22:30消費者物価指数、15日22:30卸売物価指数の発表が控えており、これら関連の数字は注視しておく必要があります。基本的に今の状況では予想より良かったら株安になる可能性が高いです。日独EUのGDP発表もあるので、そこも気にしておきましょう。



LINEでの無料配信は以下をクリックして追加して下さい。
https://goo.gl/l4oAQd←ブログでは書かない情報も配信しています。


ランキングに参加しております。当ブログで少しでもいいな!!ってことがあったら応援クリックお願いします。いつも応援クリック有難うございます。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ 
にほんブログ村 先物取引ブログへ